切ない歌を探して

むなしさとはかなさが入りまじるタンゴの名曲「忘却」

森村潘・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
アルバム「ミルバ/エル・タンゴ~ミルバ・ウィズ・ピアソラ」(キングレコード)=筆者撮影
アルバム「ミルバ/エル・タンゴ~ミルバ・ウィズ・ピアソラ」(キングレコード)=筆者撮影

 「忘却とは忘れ去ることなり。忘れえずして忘却を誓う心の悲しさよ」。その昔NHKのラジオドラマ「君の名は」(1952~54年)で繰り返された、有名なナレーションの一節だ。

 「忘却=忘れ去ること」は、歌のテーマとして、また象徴的な歌詞としてよく使われる。いつまでも覚えているよとポジティブに使う「忘却」もあれば、「忘れたくても、忘れられない」という、切ない思いの吐露もある。後者の方が多数だろう。

この記事は有料記事です。

残り1593文字(全文1790文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

森村潘

ジャーナリスト

大手新聞、雑誌編集などを経てコミュニティー紙の編集などに携わる。ジャンルを超えて音楽を研究、アメリカ文化にも詳しい。