神鋼データ不正の裏側

神鋼「長く続いたデータ不正」役員は黙認していたか

編集部
  • 文字
  • 印刷
厳しい表情で記者会見に臨む神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長=2017年11月10日、長谷川直亮撮影
厳しい表情で記者会見に臨む神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長=2017年11月10日、長谷川直亮撮影

社内調査の“中間報告”(2)

 神戸製鋼所のアルミ・銅製品などの品質データ不正は、10年以上前から広い範囲で続いていたことがわかってきた。その中で浮上しているのが、役員も不正を知りつつ黙認してきたのではないか、という疑惑だ。11月10日に東京都内で行われた神戸製鋼所の記者会見で、川崎博也・同社会長兼社長に対し、この点に質問が相次いだ。

 同社の報告書によると、子会社も含めた拠点100カ所のうち、17拠点で不正が行われていた。このうち1…

この記事は有料記事です。

残り1499文字(全文1716文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz