週末シネマ

ナチスに抵抗したギタリストを描く「永遠のジャンゴ」

川井龍介・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
(c) 2017 ARCHES FILMS – CURIOSA FILMS – MOANA FILMS – PATHE PRODUCTION - FRANCE 2 CINEMA - AUVERGNE-RHONE-ALPES CINEMA
(c) 2017 ARCHES FILMS – CURIOSA FILMS – MOANA FILMS – PATHE PRODUCTION - FRANCE 2 CINEMA - AUVERGNE-RHONE-ALPES CINEMA

 シネマの秀作を紹介する連載「週末シネマ」。今回は番外編として、ジャーナリスト、川井龍介さんが、伝説的な名ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトの生涯を描く映画 「永遠のジャンゴ」を紹介します。

ジプシー・ジャズを確立した名ギタリスト

 ジプシー・ジャズとかジプシー・スウィングと呼ばれる音楽がある。ギターは、リズムを刻めば力強く、メロディーを奏でれば、息をもつかせぬ速弾きになる。バイオリンの弦の音、ベースの響き、自然と足を踏み鳴らしたくなる。スウィング・ジャズの一つと言えるが、主役が弦楽器であるギターやバイオリンであり、情感あふれるメロディーが特徴だ。

 もともとはロマ(ジプシー)の音楽が、スウィング・ジャズと融合してこの音楽スタイルとなったのだが、こ…

この記事は有料記事です。

残り1427文字(全文1752文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

川井龍介

ジャーナリスト

1980年慶応大学法学部卒。新聞記者などを経てフリーのジャーナリスト、ノンフィクションライター。実用的な文章技術を説いた「伝えるための教科書」(岩波ジュニア新書)をはじめ「大和コロニー~フロリダに『日本』を残した男たち」(旬報社)、「フリーランスで生きるということ」(ちくまプリマ―新書)を2015年に出版。このほか「ノーノー・ボーイ」(ジョン・オカダ著、旬報社)の翻訳をてがける。