高齢化時代の相続税対策

増える遺言書作成の助言 「2次相続を考えた対応」に

広田龍介・税理士
  • 文字
  • 印刷

 高齢化時代を象徴するかのように、遺言書作成の手伝いを依頼されることが多くなった。親が子供たちとコミュニケーションを取りづらくなったことが要因のようだ。

 通常の相続対策は、まずは依頼者が自分の財産の“たな卸”しを行い、私たちがその財産の相続評価を行って相続税の総額を算出。さらに、相続税法の特例をフルに使うため、税制面から見た財産の分け方を検討する。その結果にしたがって、家族の状況、子供たちの生活の状況などを考慮した上で、配偶者、子供たちへの財産の分け方を検討し、遺言書を作成していく。

 ここまでは依頼者のご夫婦での仕事だ。夫婦のどちらかが亡くなった時の1次相続は、残された配偶者の生活…

この記事は有料記事です。

残り1113文字(全文1407文字)

広田龍介

税理士

1952年、福島県いわき市生まれ。85年税理士登録。東京・赤坂で広田龍介税理士事務所を開設。法人・個人の確定申告、相続税申告、不動産の有効活用などを中心に幅広くコンサルティング活動を続けている。相続税に関する講演やセミナーも開催している。