自動車不正リポート

国交省局長に6度も頭を下げた日産社長の“失態”

編集部
  • 文字
  • 印刷
無資格検査問題について報告書を提出する日産自動車の西川広人社長(左)=国交省で2017年11月17日、手塚耕一郎撮影
無資格検査問題について報告書を提出する日産自動車の西川広人社長(左)=国交省で2017年11月17日、手塚耕一郎撮影

無資格検査の“最終報告”(1)

 東京・霞が関の官庁街。国会議事堂を望む一角に国土交通省の入る中央合同庁舎3号館がある。11月17日金曜日の午後2時半。庁舎8階にある自動車局の一室で、70人を超す報道関係者が待ち構えていた。国交省の自動車局は国の自動車行政をつかさどる部署である。

 最初に奥田哲也・自動車局長が入室し、時間ちょうどに日産自動車の西川(さいかわ)広人社長が入ってきた。西川社長は奥田局長に「大変大きなご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません」と深々と頭を下げ、9月29日の発覚以来、大きな波紋を広げてきた車の無資格検査の「最終報告書」と位置付けた書類を手渡した。

 奥田局長は書類を手にしたまま、問題発覚以降の経緯を振り返り、「(日産は)ただちに(無資格検査を)是…

この記事は有料記事です。

残り1492文字(全文1829文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz