自動車不正リポート

「法令違反を承知で検査不正」日産工場現場の実態とは

編集部
  • 文字
  • 印刷
無資格検査問題の報告書を国交省に提出し記者会見で陳謝する日産の西川広人社長=2017年11月17日、和田大典撮影
無資格検査問題の報告書を国交省に提出し記者会見で陳謝する日産の西川広人社長=2017年11月17日、和田大典撮影

無資格検査の“最終報告”(2)

 日産自動車は11月17日、無資格検査問題で「最終報告」と位置付けた報告書を国土交通省に提出し、公表した。「最終報告」は二つに分かれる。一つは西村あさひ法律事務所に依頼して、事実関係と原因を調査してもらった「第三者報告書」(120ページ)。もう一つが、それを踏まえた日産自動車による報告書(92ページ)だ。

 まず、第三者報告書で認定された事実を紹介する。日産は自動車を生産する工場が国内に六つある。このうち…

この記事は有料記事です。

残り1388文字(全文1606文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz