職場のトラブルどう防ぐ?

29歳ネイリストが業務委託で直面した厳しい現実

井寄奈美・特定社会保険労務士
  • 文字
  • 印刷

 A美さん(29)はネイリストとして働く女性です。高校卒業後、事務職をしていましたが、ネイルに興味を持ち夜間スクールに通って技術を学びました。その後スクールで紹介されたネイルサロンに3年ほど勤務しましたが、年中無休の商業ビル内の店舗で勤務時間が長く、休みが取りづらいのが不満でした。

 A美さんは独立も視野に入れて転職先を探していたときに、美容師の知人から声をかけられ美容院内に新たに設置するネイルサロンを任されることになりました。しかし、ここで働き方について迷ってしまうことになりました。

この記事は有料記事です。

残り2081文字(全文2325文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

井寄奈美

特定社会保険労務士

大阪市出身。2015年、関西大学大学院法学研究科博士前期課程修了。現在、大阪大学大学院法学研究科博士後期課程在籍中(専攻:労働法)。01年、社会保険労務士資格を取得。会計事務所勤務などを経て06年4月独立開業。井寄事務所(大阪市中央区)代表。著書に『トラブルにならない 小さな会社の女性社員を雇うルール』(日本実業出版社)など。http://www.sr-iyori.com/