8億円住戸のモデルルーム
8億円住戸のモデルルーム

くらしマンション・住宅最前線

「最上階8億円」横浜58階建てマンションは記録破り

櫻井幸雄 / 住宅ジャーナリスト

 横浜で、1部屋の分譲価格が8億円というマンションが登場する。みなとみらい21地区と関内地区の中間で現在建設中で、11月25日から販売が始まる横浜市最高層・最大規模の「ザ・タワー横浜北仲」(事業主は三井不動産レジデンシャルと丸紅)の最上階58階に配置される住戸だ。

 専有面積は約212平方メートル、約64坪だ。マンションの平均的な広さ70平方メートル・3LDKが3戸分収まる広さに、ゆったりと3LDKを収めるプランが提案されている。このクラスになると、実際の間取りはオーダーメイドになることが多い。

「ザ・タワー横浜北仲」外観完成予想(CG)
「ザ・タワー横浜北仲」外観完成予想(CG)

ベイブリッジ、みなとみらいを見渡す

 一般に15畳程度の広さで「広い」とされるリビングダイニングは、規格外の60畳大。寝室は22畳。来客用の寝室も設けられ、そこには専用のバストイレが付く。住戸の向きにもよるが、リビングの窓からは横浜港とベイブリッジの眺望、そしてみなとみらい21地区を見下ろす景観が楽しめる。

 「ザ・タワー横浜北仲」では、200平方メートルを超える大型で高額の住戸が4戸つくられる計画。このような話を聞くと、思わず「そんなマンション、誰が買うのか」と言いたくなる。「東京の中心地ならともかく、横浜で購入者がいるのか」という疑問もわく。

 しかし、今の不動産会社は、目算なしにマンション開発を行わない。「売れる」という自信を持っての分譲開始だ。実際、東京の中心エリアでは、超高層マンションの最上階部分で15億円クラスのマンション住戸が複数登場しており、それをはるかに超えるモンスター級・高額住戸もでている。超高層タワーマンション、都心低層マンションの最上階というようなプレミアム・ポジションの住戸であれば、想像を超える価格設定になってしまう時代なのだ。

併設ホテルのサービスを受けられる

 では、「横浜で売れるの?」という疑問に対してだが、実は横浜市は人口373万人で、すでに大阪市の271万人より100万人も多い大都市となっている。これだけの大都市であれば地元に富裕層が多いし、「ヨコハマにセカンドハウスを持ちたい」という富裕層が全国、そして全世界に出てくることも不思議ではない。8億円の住戸を横浜で検討したいという人が複数現れても当然だ。

8億円住戸モデルルームの浴室
8億円住戸モデルルームの浴室

 そして、8億円住戸には、他のマンションではなかなかお目にかかれない特典が付けられている。

 「ザ・タワー横浜北仲」は、1~3階にはスーパーマーケットを含む商業施設・文化施設が入り、46階から51階はホテル。一般的なホテルと少し性格が異なるサービス付き長期・短期滞在型宿泊施設「オークウッド」が入る。「オークウッド」よりも上の階の住戸、つまり52階から58階までのフロアがハイグレードエリアと位置づけられている。

 ハイグレードエリアに直結するエレベーターは46階のホテルロビーにも停まるため、ホテルのロビーで客と待ち合わせて、住居部分に案内することができるし、ホテルのレストランも利用しやすい。さらに、室内清掃をホテルに依頼できるサービスなども将来的に採用される可能性が考えられる。ホテルに暮らす便利さと、マンション住戸のくつろぎの両方が手に入るわけだ。ホテルと一体化し、ホテルのサービスも受けられるマンションは極めて数が少ない。その希少性もある。

 もちろん、「ザ・タワー横浜北仲」は、限られたスーパー富裕層だけのものではない。総戸数は1176戸で、第1期分譲住戸は、約44平方メートルの1LDKが4500万円から。最多価格帯は6600万円で、5000万円台~7000万円台の2LDK、3LDKがある。それなら手が届くと言う人も多いだろう。

すでに多くの資料請求、モデルルーム見学者

 みなとみらい線「馬車道」駅と直結し、同駅から徒歩1分。横浜の歴史的建造物が並ぶ広場を通り、ショッピングを楽しみながらマンションの入り口に……。これまで、他にはなかった住み心地を実現するマンションで、昨年12月に資料請求の受け付けを始めてから今年11月12日までに約1万4200件もの資料請求があった。驚異的な数字である。

 そして、8月からのモデルルーム見学者は3600組以上。ケタ外れの注目度で、11月25日から始まる第1期分譲で販売される住戸は730戸。一つのマンションで一度にこれだけ多くの住戸を売り出すのは、横浜市内での最高記録となる。

 <「マンション・住宅最前線」は毎週木曜日更新です>

買って得する都心の1LDK」好評発売中

「買って得する都心の1LDK」(毎日新聞出版、1620円、税込み)
「買って得する都心の1LDK」(毎日新聞出版、1620円、税込み)

 人口減少が叫ばれ、全国に空き家が急増。人件費の高騰からマンション価格も高止まり。今マンションを買うのは一見リスクが高そうです。しかしそんな今こそ、都心の1LDKマンションは「買いだ」と、著者の櫻井幸雄さんは言います。

 本書は、マンション価格が上昇すると1LDKが分譲される▽都心部は人口減少の影響を受けにくい▽記録的低金利の住宅ローンを活用すべし▽1人暮らし向けの分譲1LDKは割安だ--といった理由から、「都心部のシングル向け1LDKは今こそ買い時」という著者独自の理論を展開しています。

1章 借りるより買ったほうがだんぜん得

2章 選んで得する1LDK--立地編

3章 住んでよし、売ってよしの1LDK--建物の見極め

4章 住み心地のよい1LDK--1人暮らしだからこそ、この選択眼、この着眼点が大切

 全国の書店やアマゾンでお買い求めください。

経済プレミア・トップページはこちら

市況低調でも「首都圏マンション値崩れなし」の不思議

満足度1位・マンション管理会社の「エンジ小町」とは

いま超人気の「駅直結マンション」を買う人の論理

住宅展示場での家探しのポイントは「窓の大きさ」

本物と見まがう長谷工マンション「VRモデルルーム」

櫻井幸雄

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
地下化されたワルシャワ中央駅上の広場。スターリン建築と民主化後のビルが林立する(写真は筆者撮影)

西に移動させられた国ポーランド 首都ワルシャワの今

 ◇ポーランド・ワルシャワ編(1) 36年前、高校の文化祭のディベートで、「史上最大の英雄は誰か」というお題に、「ポーランドで共産…

メディア万華鏡
週刊文春11月1日号

メディア騒がすドタキャン沢田研二の「格好いい老後」

 騒ぎ過ぎじゃないか。取り上げ方の息もなんだか長い。ジュリーこと沢田研二さん(70)が、10月17日にさいたまスーパーアリーナで予…

職場のトラブルどう防ぐ?

「部下の夫から連日クレーム」42歳女性上司の困惑

 A美さん(42)は、夫が院長を務めるクリニックの事務長を務めています。2カ月前から経理担当として働いているB子さん(33)の夫か…

ニッポン金融ウラの裏

進む「キャッシュレス化」誰が責任を負っているのか

 キャッシュレス決済を巡る論議が高まり続けている。政府も外国人旅行者の増大を踏まえて、キャッシュレス化推進の旗を振り続けている。社…

知ってトクするモバイルライフ
デザインや機能を一新した「iPadプロ」。左が11型、右が12.9型

新「iPadプロ」はホームボタンなくして超高性能

 アップルは、米ニューヨークで10月30日(現地時間)、「iPadプロ」の新モデルを発表した。11月7日に発売される予定で、価格は…