村田光貴さんと妻の恵さん=小高朋子撮影
村田光貴さんと妻の恵さん=小高朋子撮影

社会・カルチャー「この人、この土地」だから生み出せる一品

国東半島で育つ農薬、肥料不使用「ノンアレルギー米」

小高朋子 / 旅食ライター・カメラマン

 あっさりとした口当たりでおかずの味を引き立てる。甘さや粘りが少なく飽きのこない風味のコメは、大分県国東(くにさき)市の農家・村田光貴(こうき)さん(40)が育てる「喜び米・ササニシキ」(5キログラム、4320円)だ。「体にスッと入る」「何杯も食べたくなる」と、全国の顧客から“喜び”の声が寄せられている。

この記事は有料記事です。

残り1996文字(全文2149文字)

小高朋子

小高朋子

旅食ライター・カメラマン

1982年、神奈川県生まれ。アパレル業界、映像製作会社を経て、フリーランスに。持続可能なモノづくりの可能性を求めて各地を巡り、地域の食文化、工芸品、産業などを取材し、写真、映像も用いてその魅力を紹介している。現在、農業者向けのビジネススクール(オンラインアグリビジネススクール)にかかわり、各地の農業現場の取材を担当。旅と、おいしい食べものと日本酒が何よりも好き。