経済プレミア・トピックス

不正把握後も出荷を続けた三菱電線は「処事光明」か

編集部
  • 文字
  • 印刷
製品の検査データ改ざんが発覚した三菱電線工業の箕島製作所=2017年11月23日、三村政司撮影
製品の検査データ改ざんが発覚した三菱電線工業の箕島製作所=2017年11月23日、三村政司撮影

三菱マテリアル子会社の不正(2)

 子会社3社の製品データ改ざんが発覚した非鉄金属メーカー大手の三菱マテリアル。子会社の一つ、三菱電線工業は、今年2月にデータ改ざんを把握しながら、10月下旬まで親会社の三菱マテリアルに報告せず、問題製品の出荷を8カ月も続けていたことが明らかになった。なぜそんなことが起きたのか。

 三菱マテリアルが11月23日に公表した「当社子会社における不適合品への対応状況について」と題した資…

この記事は有料記事です。

残り1567文字(全文1772文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz