社会・カルチャー「逃げ恥」にみる結婚の経済学

「逃げ恥」に学ぶ“ワンオペ”になりにくい夫婦の特徴

白河桃子 / ジャーナリスト

 結婚を意識した相手がいる女の子たちは就職活動をするときも、彼の就職が全国転勤型になるのか、そのとき自分はどうするのかまで考えて活動を進めるのに対し、男性はまったくつき合っている彼女や、将来の両立なんて考えていません。考えたくないというのが正しいかもしれません。その温度差が就職活動のときに出てカップルが別れることもあります。

 どうして、女性だけがこのように悩み、割り切らなければならないのでしょうか? 女性ばかりでなく、相手…

この記事は有料記事です。

残り1512文字(全文1725文字)

白河桃子

白河桃子

ジャーナリスト

東京生まれ。慶応義塾大学卒業。婚活ブームを起こした「『婚活』時代」(山田昌弘共著、2008年)は19万部のヒットとなった。相模女子大客員教授。内閣官房「働き方改革実現会議」有識者議員。「一億総活躍国民会議」民間議員。著書に「格付けしあう女たち」「御社の働き方改革、ここが間違ってます! 残業削減で伸びるすごい会社」