政治・経済ビットコイン狂騒曲

「新通貨バブル」のビットコイン 崩壊のきっかけは?

平野純一 / 経済プレミア編集部

 仮想通貨ビットコインがまた分裂し、新しい通貨「ビットコインダイヤモンド」(BCD)が生まれた。11月24日に分裂、市場では1BCD=45ドル程度(11月29日現在、米コインマーケットキャップ社)の値がついている。

 ビットコインから枝分かれして生まれた通貨はこれまでに、8月1日のビットコインキャッシュ(BCH)、10月24日のビットコインゴールド(BTG)がある。今回のダイヤモンドを加え“分裂通貨”は三つになった。

 ビットコインダイヤモンドはどのような仮想通貨なのか、明らかになっていないことが多い。匿名のマイナー…

この記事は有料記事です。

残り1799文字(全文2058文字)

平野純一

平野純一

経済プレミア編集部

1962年生まれ。87年毎日新聞社入社。盛岡支局、サンデー毎日編集部、経済部、エコノミスト編集部などを経て2016年から現職。金融、為替、証券、マクロ経済などを中心に取材。