人気4コマ漫画「先生と僕~夏目漱石を囲む人々~」の作者・香日ゆら氏が企画展「芥川龍之介の結婚と生活」のために描きおろした芥川龍之介と妻・文の出会いの4コマ漫画=2017年11月29日、田中学撮影
人気4コマ漫画「先生と僕~夏目漱石を囲む人々~」の作者・香日ゆら氏が企画展「芥川龍之介の結婚と生活」のために描きおろした芥川龍之介と妻・文の出会いの4コマ漫画=2017年11月29日、田中学撮影

政治・経済良い物をより高く売る経営

「文スト、文アル」で文豪ブーム!? 若者がはまる理由

中村智彦 / 神戸国際大学教授

 東京都北区田端は、戦前に芥川龍之介や室生犀星など著名な文士や芸術家たちが住んだ地域だ。現在のJR田端駅周辺1キロ四方の範囲に、確認できるだけで100人以上が住んでいた記録があるという。戦災で家屋や貴重な資料などの多くが失われたが、同駅北口から徒歩2分の「田端文士村記念館」(入館料無料)を訪れると、その一端に触れることができる。

 3年ほど前まで同館の観覧者の中心は60代以上で、若い世代では文学専攻の学生くらいだった。ところがこ…

この記事は有料記事です。

残り1871文字(全文2086文字)

中村智彦

中村智彦

神戸国際大学教授

1964年、東京都生まれ。88年、上智大学文学部卒業。96年、名古屋大学大学院国際開発研究科博士課程修了。外資系航空会社、シンクタンクで勤務。大阪府立産業開発研究所、日本福祉大学経済学部助教授を経て、現職。専門は中小企業論と地域経済論。中小企業間のネットワーク構築や地域経済振興のプロジェクトに数多く参画し、日テレ系「世界一受けたい授業」の工場見学担当も務める。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
米ニューヨークで発表されたギャラクシーノート9

サムスン「ギャラクシーノート9」パワフルさが売り

 サムスン電子は8月9日、米ニューヨークでギャラクシーノートシリーズの最新モデルとなる「ギャラクシーノート9」を発表した。グローバ…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
アンマンのダウンタウンに完全な形で残るローマ時代の円形大劇場(写真は筆者撮影)

ヨルダン首都アンマン「19の丘・特異な地形」の街

 ◇ヨルダン・アンマン編(1) 西はイスラエル(と日本は未承認だがパレスチナ)に正対し、北はシリア、東はイラクに隣接するヨルダン。…

メディア万華鏡
自民党本部前で杉田水脈議員の辞職を求めて抗議する人々=2018年7月27日、宮間俊樹撮影

「生産性ない」発言の杉田水脈議員も差別されている?

 「指導」で終わり? 月刊誌「新潮45」8月号に「『LGBT』支援の度が過ぎる」を寄稿した自民党の杉田水脈衆院議員(比例中国ブロッ…

世界透視術
中国の習近平国家主席=2012年11月、隅俊之撮影

対米貿易戦争へ習主席が発した「思想の国家総動員令」

 世界経済がどうなるか、米中貿易戦争の行方にかかっている。米中貿易戦争の行方がどうなるかは、トランプ米大統領と習近平・中国国家主席…

職場のトラブルどう防ぐ?

「早く転職先に」退職意思を伝えた29歳男性の悩み

 A介さん(29)は、職員数約60人の会計事務所に勤務しています。大学卒業後は会社員をしていましたが、税理士資格を取って独立したい…