自動車不正リポート

「無資格検査やめ!」が日産工場に徹底しなかった理由

編集部
  • 文字
  • 印刷
記者会見場を後にする日産の西川広人社長=2017年11月17日、和田大典撮影
記者会見場を後にする日産の西川広人社長=2017年11月17日、和田大典撮影

無資格検査の“最終報告”(7)

 日産自動車の無資格検査問題が迷走したのは、西川(さいかわ)広人社長が「すべての工場でやめた」と発表した後も無資格検査が続いていたことが大きい。その結果、日産は2度目のリコール(回収・無償修理)に追い込まれた。日産が11月17日に公表した“最終報告”では、無資格検査が続いていた原因をどう分析しているのか。

 日産は9月19日に全工場に「完成検査員以外は完成検査をしてはならない」と指示した。“最終報告”はそ…

この記事は有料記事です。

残り1316文字(全文1534文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz