ベストセラーを歩く

カズオ・イシグロ「日の名残り」は物語の楽しみ満載

重里徹也・文芸評論家、聖徳大教授
  • 文字
  • 印刷

 文庫本のベストセラーの上位にカズオ・イシグロの作品が多く入っている。ノーベル文学賞の受賞が決まってからの現象で、単なるブームというより、もっと根強いものがあるような気がする。

 つまり、日本の質のいい文学読者(かなりの人数がいる)がイシグロという作家に出会った印象を受けるのだ。もちろん、イシグロはメジャーな日系英国人作家で、すでに読書家から注目されていた。しかし、受賞をきっかけにこれまで縁が遠かった文学好きが手に取り、その魅力に夢中になっている表れのように思えるのだ。

 イシグロの小説の面白さは、ブッカー賞を受賞した出世作「日の名残り」(土屋政雄訳、ハヤカワepi文庫…

この記事は有料記事です。

残り1411文字(全文1697文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

重里徹也

文芸評論家、聖徳大教授

1957年、大阪市生まれ。大阪外国語大(現・大阪大外国語学部)ロシア語学科卒。82年、毎日新聞に入社。東京本社学芸部長、論説委員などを歴任。2015年春から聖徳大教授。著書に「文学館への旅」(毎日新聞社)、共著に「村上春樹で世界を読む」(祥伝社) などがある。