保険選びの相談室

銀行が60歳母を勧誘「外貨建て変額保険」のからくり

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷

 自営業のA美さん(33)は以前、私のところにライフプランの相談に来ました。それをきっかけに、iDeCo(個人型確定拠出年金)とNISA(少額投資非課税制度)で運用をスタートしています。

 先日、再びA美さんから相談がありました。A美さんは、自身の母(60)から養老保険の満期金の運用について聞かれ、その一部の預け先としてNISA口座を勧めました。しかし、困ったことになったというのです。

この記事は有料記事です。

残り1553文字(全文1746文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスベネフィット代表。NHK松山放送局を経て、フリーアナウンサーとして14年活動。その後会社員を経て2009年に独立。個人相談のほか、貯めると増やすの車座の会「C(貯蓄)リーグ」、良質なマネーの勉強会「サムライズ」主催。著書に「『保険でお金を増やす』はリスクがいっぱい」(日本経済新聞出版社)、「腹黒くないFPが教えるお金お授業」(三笠書房)などがある。