テスラ本社の受付で面談を待っていたのはほとんどが中国や韓国の部品供給企業の社員たちだった=筆者撮影
テスラ本社の受付で面談を待っていたのはほとんどが中国や韓国の部品供給企業の社員たちだった=筆者撮影

グローバル激動のシリコンバレー

米EV業界で注目される「中韓」部品供給企業の存在感

遠藤吉紀 / 創業支援アドバイザー

 米シリコンバレーはこの数年来、自動運転と電気自動車(EV)を中心とした新しい自動車産業関連の報道でにぎわっている。これらの話題を聞かない日はほとんどない。

テスラが初のトラックを発表

 最近では、米EVメーカーのテスラが11月に発表した新型の「ロードスター」と、同社初の商用車であるトラック「セミ」が注目を集めている。

 ロードスターは時速100キロまでの加速がたった2秒だ。ガソリン車で圧倒的な加速力を誇る英マクラーレ…

この記事は有料記事です。

残り1797文字(全文2005文字)

遠藤吉紀

遠藤吉紀

創業支援アドバイザー

米Beans International Corp社長。1961年、神奈川県生まれ。88年に渡米。日本企業駐在員を10年間務めた後、独立。以降、日本の中小企業の商材をアメリカで紹介・販売する傍ら、製造業の米国進出のアドバイザーも務めている。2010年から日本の中小製造業のグローバル化を後押しする活動を展開し、講演活動や経済産業省などのシリコンバレー視察研修をサポート。独立行政法人中小企業基盤整備機構国際化支援アドバイザー、JETROサンフランシスコ、シリコンバレーのアドバイザーを兼任。