現金による商品購入ができないパン店。女性店員は「現金に触らないことで衛生的なメリットがある」と話す=ストックホルムで2017年11月18日、三沢耕平撮影
現金による商品購入ができないパン店。女性店員は「現金に触らないことで衛生的なメリットがある」と話す=ストックホルムで2017年11月18日、三沢耕平撮影

グローバル海外特派員リポート

「銀行強盗も退散!?」現金が消えたスウェーデンの今

三沢耕平 / 欧州総局特派員(ロンドン)

 世界の中央銀行がデジタル通貨の研究に動き出している。その先頭を走るのがスウェーデンだ。早ければ2018年中にデジタル通貨「eクローナ」発行の結論を下す予定で、実現すれば世界初。首都ストックホルムの街中を歩くと、既に現金決済が消えつつあり、お金の常識が変わろうとしていた。

 「すみません、現金は使えません」。旧市街のガムラスタンから電車で南へ20分。11月中旬、繁華街のパン屋に入ると、クロワッサンを購入しようとしていた外国人旅行者に女性店員のイザベラさん(21)が頭を下げていた。

この記事は有料記事です。

残り1533文字(全文1774文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
三沢耕平

三沢耕平

欧州総局特派員(ロンドン)

1972年千葉県生まれ。明治大学法学部卒。98年毎日新聞社入社。松本、甲府支局を経て、2004年から経済部で財務省、日銀、財界などを取材。政治部にも在籍し、首相官邸、自民党などを担当した。16年10月から欧州総局特派員。

イチ押しコラム

世界透視術

「文革世代」北京大学長の“漢字誤読と釈明”の波紋

 太ったブタより痩せたソクラテスになれ--1964年、東京大学の卒業式で当時の総長、大河内一男氏が学生たちに贈ったことばとして有名…

職場のトラブルどう防ぐ?

「有休は所長妻の機嫌次第?」ママパートが憂鬱なワケ

 A代さん(37)は1児の母で、半年ほど前から従業員7人の設計事務所でパートタイマーとして働いています。勤務は週4日で、午前10時…

知ってトクするモバイルライフ
夏モデル全11機種を発表したドコモ

ドコモ夏商戦 ファーウェイ10万円高機能スマホに注目

 夏商戦に向け、ドコモが新たなスマホを発表した。中でも注目を集めたのが、約5年ぶりの採用になる、中国・ファーウェイ製の「P20プロ…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ウェリントンから北上9時間、ハミルトン駅に停車中のノーザン・エクスプローラー号(写真は筆者撮影)

NZ北島を観光特急で縦断 11時間の旅で見えたもの

 ◇ニュージーランド編(2) 隣国の豪州からでも飛行機で3時間半かかる、世界地図の南東に孤立した先進国・ニュージーランド。観光客も…

メディア万華鏡
TOKIOの(右から)松岡昌宏さん、城島茂さん、国分太一さん、長瀬智也さん=5月2日、丸山博撮影

TOKIO「4人の謝罪」と麻生氏の“妄言たれ流し”

 なんで会見するの? 「TOKIO」の山口達也さんが女子高校生への強制わいせつ容疑で書類送検・起訴猶予処分になった問題で、リーダー…