ミスを見逃さない校閲の技術

“校閲泣かせ”英情報局保安部は「M15?MI5?」

毎日新聞校閲グループ
  • 文字
  • 印刷
※写真はイメージです
※写真はイメージです

 「マジックで名前を書く」。当たり前のように口にするこんな表現も、新聞の場合は「フェルトペンで名前を書く」と書き換えます。「マジック」は「マジックインキ」とともに、どんなものにもよく書ける「魔法のインキ」という意味を込めて名づけられた商標名です。

商標名は一般名称に書き換え

 商標権を尊重し、かつ、一つの商品だけを宣伝することのないように、新聞では一般名称を使うようにしています。

 次の事例のように商標名を一般名に書き換えていますが、書き換えた結果、かえってわかりにくくなってしま…

この記事は有料記事です。

残り1065文字(全文1304文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

毎日新聞校閲グループ

毎日新聞は東京に40人余り、大阪に30人余りの校閲記者がいる。原則として広告などを除く全紙面について記事のチェックをしており、いわば新聞の「品質管理部門」。書籍などと比べてかなり短時間で仕事をこなさなければならないのがつらいところ。朝刊の校閲作業は深夜になるため生活は「夜型」である。