素顔の沖縄けいざい

「1%経済・沖縄」を下支えしているのは今も公共投資

渡部晶・沖縄振興開発金融公庫副理事長
  • 文字
  • 印刷
首里城をバックに那覇市内を走るモノレール
首里城をバックに那覇市内を走るモノレール

 沖縄県の県内総生産は、最新の2014年度のデータで4兆511億円(名目)だ。これは、日本全体の0.8%にあたる。就業人口(日本全体の1.0%)や小売業の年間販売額(同0.9%)などの主な経済指標も、おおむね全国の1%前後だ。このことから、沖縄では、県の経済を全国の「1%経済」という。

 産業構造は、サービス業や卸・小売業などの第3次産業が84.5%(全国平均73.4%)で圧倒的だ。一方、農林漁業の第1次産業が1.5%(同1.0%)、製造業・建設業などの第2次産業が13.9%(同24.3%)である。

 沖縄県は、第2次産業が東京に次いで少なく全国46位、第3次産業は東京に次いで多く全国2位で、東京に…

この記事は有料記事です。

残り1126文字(全文1427文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

渡部晶

沖縄振興開発金融公庫副理事長

1963年福島県生まれ。87年京都大学法学部卒、大蔵省(現財務省)に入省。福岡市総務企画局長、財務省地方課長兼財務総合政策研究所副所長、内閣府大臣官房審議官(沖縄政策担当)などを経て、17年6月から現職。沖縄をはじめ、地域振興の仕事に携わってきた。「月刊コロンブス」(東方通信社)で書評コラムを掲載中。