くらし高齢化時代の相続税対策

相続税の手厚い特例「小規模宅地」ついに適用厳しく

広田龍介 / 税理士

 2018年度の与党税制改正大綱が12月14日に公表された。相続税に関連する改正点で、一般的に相続時の節税対策として利用されてきた「小規模宅地等の特例」が見直された。これに関する気になった点を二つ解説する。

 第一は、通称「家なき子」と言われていた規定の見直しだ。

 小規模宅地等の特例は、配偶者や親と同居する子が自宅を相続する場合に適用される規定。配偶者のいない親の1人住まいの場合、親と一緒に住んでいなくとも、親の相続開始前3年以内に、子またはその配偶者の所有する家屋に住んだことがない子が相続しても330平方メートルまでの土地に関して、評価額を80%減額する特定居住用の小規模宅地の特例適用がある。

 しかし、この規定の適用を受けるために、実質的にその子の持ち家があったとしても、例えば会社名義にして…

この記事は有料記事です。

残り1043文字(全文1393文字)

今なら最大2カ月100円! キャンペーン実施中! 詳しくはこちら

広田龍介

広田龍介

税理士

1952年、福島県いわき市生まれ。85年税理士登録。東京・赤坂で広田龍介税理士事務所を開設。法人・個人の確定申告、相続税申告、不動産の有効活用などを中心に幅広くコンサルティング活動を続けている。相続税に関する講演やセミナーも開催している。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
1月末に発売されるウイコウの「トミー3プラス」

仏でシェア2位「ウイコウ」1万4800円スマホの勝算

 フランスに本拠を置くスマホメーカー「ウイコウ(Wiko)」の日本法人が、1月末に新モデルの「トミー3プラス」を発売する。 トミー…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
アフリカ最南端・アグラス岬に向かうオバーバーグ地方には、羊の牧場に菜の花畑が織り交ざる、美しい丘陵地が広がっていた(写真は筆者撮影)

ケープタウンからアフリカ最南端アグラスへ車を駆る

 ◇南アフリカ編(3) 聞いていたレベルまでの治安の悪さは感じなかったケープタウンのダウンタウンで、5日間の契約でレンタカーを借り…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「自分勝手に勤務?」ママパートに困惑する歯科経営者

 A夫さん(42)は、自分のクリニックを経営する歯科医師です。パートの歯科衛生士で3児の母であるB子さん(33)の“自分勝手な勤務…

ニッポン金融ウラの裏
 

地域銀行が「収益力強化」のために今年やるべきこと

 今年の金融分野の課題は何か――。前回は証券市場の問題を考えたが、今回は間接金融、つまり銀行業界に目を向けてみたい。最大級のテーマ…

メディア万華鏡
西武・そごうのサイトに公開された広告動画

西武そごう広告とSPA!「残念なメディア」の共通項

 昨年の新語・流行語のトップ10に、性暴力を告発する「#MeToo」が入って喜んでいたら、新年早々、メディアと女性をめぐるがっかり…