キャリアを築くヒント

「なんとか助けて」誠実リーダーが部下をまとめた本音

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 人は自分にメリットがあるときに積極的に行動します。ただ組織やチームのためになると知れば、個人のメリットがなくても協力を惜しまないこともあります。逆に、組織やチームにとってのメリットを知らされないために、間違った方向に労をかけてしまうことがあります。あるリーダーが、陥った苦境を盛り返した事例を紹介します。

この記事は有料記事です。

残り1324文字(全文1477文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。