週刊エコノミスト・トップストーリー

「ニューイヤー、箱根」に見る駅伝の経済価値と人間力

エコノミスト編集部
  • 文字
  • 印刷
2017年のニューイヤー駅伝でいっせいにスタートする選手たち=同年1月1日撮影
2017年のニューイヤー駅伝でいっせいにスタートする選手たち=同年1月1日撮影

 TBS系ドラマ「陸王」の効果もあり、駅伝への関心が急上昇している。人気の高い駅伝には、さまざまな経済価値がある。週刊エコノミスト編集部の酒井雅浩記者が報告する。

テレビ中継の効果

 駅伝は、日本の新春の風物詩だ。それが定着したのは、テレビ中継の効果が大きい。

 「ニューイヤー駅伝」として親しまれている全日本実業団対抗駅伝競走大会は、1988年の第32回から元日開催となった。84年の第29回からTBSが中継を開始した。1月2、3日に開催されている箱根駅伝は、87年から日本テレビが中継を始めた。いずれも平均視聴率20%台をたたき出す「ドル箱」大会となり、スポーツビジネスと結びついている。

 駅伝人気を支えるのが、一流スポーツ選手が「社員」として企業に所属し、競技だけでなく社業にも携わる企業スポーツの仕組みだ。

この記事は有料記事です。

残り1671文字(全文2025文字)

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。