ネットから読み解く経済・社会

「DeNAの二の舞封じ?」グーグル検索改善の効果

まつもとあつし・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

 IT大手グーグルが12月6日に実施した「改善」が波紋を広げています。「医療や健康に関連する検索結果の改善について」として、検索のアルゴリズム(検索をした時にウェブページをランキングする仕組み)を更新したのです。

医療や健康情報の検索結果に大きな影響

 グーグルのような検索サービスは、ウェブページを何らかの基準でランク付けし、ランクの高いページを検索結果の上位に表示します。よく知られている基準は「ページランク」と呼ばれ、多くのサイトからリンクされるほどランクが高くなります。

 学術論文で引用や参照が多いほど価値が高いと見なされるのと同様の仕組みです。ただし、「ページランク」…

この記事は有料記事です。

残り1903文字(全文2190文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

まつもとあつし

ジャーナリスト

ITベンチャー、出版社、広告代理店、映像会社などを経て、現職。ASCII.jp、ITmedia、ダ・ヴィンチなどに寄稿。著書に「知的生産の技術とセンス」(マイナビ/@mehoriとの共著)、「ソーシャルゲームのすごい仕組み」(アスキー新書)など。取材・執筆と並行して東京大学大学院博士課程でコンテンツやメディアの学際研究を進めている。