保険選びの相談室

50歳会社員女性「トンチン保険」で老後資金は十分か

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷

 会社員のA代さん(50)は、年収600万円のシングルマザーです。現在の貯蓄額は1000万円ですが、60歳の定年時に一時退職金として1500万円を受け取れる予定です。定年後も継続雇用を希望しています。老後の備えとして合計2500万円を見込めますが、女性は寿命が長いといわれているので、資金が尽きないか心配しています。

 また、一人娘が今年3月で大学を卒業し就職します。これから本格的に自分の老後の準備を始めようと考え、…

この記事は有料記事です。

残り1495文字(全文1703文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスベネフィット代表。NHK松山放送局を経て、フリーアナウンサーとして14年活動。その後会社員を経て2009年に独立。個人相談のほか、貯めると増やすの車座の会「C(貯蓄)リーグ」、良質なマネーの勉強会「サムライズ」主催。著書に「『保険でお金を増やす』はリスクがいっぱい」(日本経済新聞出版社)、「腹黒くないFPが教えるお金お授業」(三笠書房)などがある。