週刊エコノミスト・トップストーリー

パナソニック津賀社長「創業100年と幸之助の言葉」

エコノミスト編集部
  • 文字
  • 印刷
パナソニックの津賀一宏社長
パナソニックの津賀一宏社長

 パナソニックは2018年で100周年を迎える。創業者・松下幸之助の経営理念とは何か、従業員約26万人の巨大企業をどう支え、どこへ導くのか--。津賀一宏社長が語った。週刊エコノミスト1月16日号の巻頭特集「ザ・100年企業」よりダイジェストでお届けする。

長く続くとデメリットもある

 --パナソニックはなぜ100年続くことができたか。

 ◆津賀一宏社長 顧客・取引先・従業員の間に、やはり「続けることの価値」が非常に大きいという暗黙の了…

この記事は有料記事です。

残り2133文字(全文2349文字)

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。