スキル・キャリアキャリアを築くヒント

「要するに」を口癖に出世した営業マンの思考回路

細川義洋 / ITコンサルタント

 私は、いくつかの職場を渡り歩いてきました。またIT企業在籍中は多くの顧客企業に常駐し、業務上で多くの人と接してきたことになります。

 その中で気づいたことの一つに、出世する人がよく使う「口癖」があります。もちろん、必ずあてはまるわけではありませんが、昇進して大きな仕事をするような人の中には、次の言葉を使う人が多いという実感があります。それは、「要するに」です。

この記事は有料記事です。

残り1423文字(全文1604文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。