保険選びの相談室

「両親ががんで他界」30歳独身女性の保険と老後

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷

 フリーランスで美容系の仕事をしているA美さん(30)は、独身で年収約500万円です。昨年春に、不幸にも相次いで両親をがんで亡くしました。精神的にようやく元の生活に戻り、資産形成と保険について考えたいと私のところに相談に来ました。

 現在A美さんは、入院給付金日額5000円に、手術給付金や放射線治療給付金が支払われる特約付きの終身医療保険に加入しています。保険料は月5275円です。A美さんは、自身が「がん家系」だと考えており、今の医療保険を見直してがん保険への加入を検討しています。がん保険を選ぶポイントを見てみましょう。

 がん保険の種類は多く、選ぼうとすると迷ってしまいます。保険料の安さも重要ですが、まず重視すべきポイントは「診断給付一時金」の出る保険を選ぶことです。現在がん治療は通院治療が主で、長期化する傾向にあります。入院しなければ給付金が出ない保険は、主流の通院治療に合っているとはいえません。

 「診断給付金」は、医師からがんと診断された時点で、まとまった一時金が受け取れます。そのお金は何にでも使うことができます。

この記事は有料記事です。

残り965文字(全文1430文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスべネフィット代表、NPO法人「みんなのお金のアドバイザー協会(FIWA)」副理事長。金融商品の販売によるコミッションを得ず、中立的な立場で顧客の利益を最大限にするコンサルティングを実践し、講演や執筆活動も行っている。著書に「人生にお金はいくら必要か」(共著、東洋経済新報社)、「やってはいけない!老後の資産運用」(ビジネス社)などがある。