京王が新たに導入した新車両5000系
京王が新たに導入した新車両5000系

政治・経済週刊エコノミスト・トップストーリー

私鉄で次々と走る「座れる通勤電車」は増収の奥の手

エコノミスト編集部

 関東・関西の大手私鉄で通勤用座席指定列車のデビューが相次いでいる。乗客が快適なのはもちろんだが、私鉄の経営事情からも導入の理由がある。週刊エコノミスト1月23日号よりダイジェストでお届けする。(鉄道ジャーナリスト・梅原淳)

座席の「変身」車両が障壁を取り除く

 スイッチ一つで横長のベンチ型シートが2席ごとに90度回転し、2人掛けのボックス席に「変身」──。大手私鉄の京王電鉄は2017年9月、京王線系統(新宿─八王子・橋本)に新型車両を導入した。18年春から有料の座席指定列車として運行させる。

この記事は有料記事です。

残り1874文字(全文2121文字)

エコノミスト編集部

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。