スキル・キャリアキャリアを築くヒント

「見た目は体育会系」で損する部下の“処世術”

細川義洋 / ITコンサルタント

 私は新卒で会社に入って以降、長い間、周囲からの先入観に悩まされました。太い体と血色のよい顔のせいか、酒好きと思われがちでした。しかし宴会などの付き合い以外で、自ら酒を飲むことはありません。

 また、体育会系でがさつだけどガッツがあるようにも見えたようです。実際には高校、大学では吹奏楽部で、わりと神経が細かい方です。同僚と同じ資料を作ると、なぜか私のは上司からしつこくチェックされました。誰もがやりがちなミスをやると、それみたことかと必要以上に評価が下がることも、しばしばでした。

 極めつきは、技術職だったのに「それっぽい」という理由で営業職に配置転換されたことでした。異動先の営…

この記事は有料記事です。

残り1682文字(全文1972文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。