ポピンズの保育風景=同社提供
ポピンズの保育風景=同社提供

社会・カルチャー世界の乳幼児教育、行ってみたらこうだった!

「3歳児神話」に縛られずにパパが乳幼児と接するコツ

轟麻衣子 / 株式会社ポピンズ取締役

新米パパの実践科学的子育て(1)

 子育てに積極的なパパを指す「イクメン」がもてはやされています。ただ、赤ちゃんや子供とどうふれあえばいいのか試行錯誤しているパパもいるでしょう。30年前に日本で初めてナニー(子供の世話をし教育も行う専門家)の育成と派遣を手がけた株式会社ポピンズ(本社・東京都渋谷区)の取締役・轟麻衣子さんが英米の最新科学の知見をもとに、新米パパがすぐに実践できる子供との接し方のヒントを探ります。

この記事は有料記事です。

残り1786文字(全文1992文字)

轟麻衣子

轟麻衣子

株式会社ポピンズ取締役

東京都生まれ。12歳で英国の名門寄宿舎学校に入学。1998年、ロンドン大学を卒業後、メリルリンチ(ロンドン)に入社。シャネル(パリ本社、日本支社)などを経て、INSEAD(フランスを拠点とするビジネススクール・経営大学院)でMBAを取得。その後、デビアス(ロンドン)で勤務後、2010年、ポピンズ顧問、12年から現職。2児の母親。