藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」

「グラウンド・ゼロ」で感じた米国という国家の矛盾

藻谷浩介・地域エコノミスト
  • 文字
  • 印刷
ニューヨーク・テロの地に完成した犠牲者を悼む記念碑。ツインタワーの建っていた場所にそれぞれ同じものが設けられている(写真は筆者撮影)
ニューヨーク・テロの地に完成した犠牲者を悼む記念碑。ツインタワーの建っていた場所にそれぞれ同じものが設けられている(写真は筆者撮影)

ニューヨーク・都市再生の現場編(2)

 9.11テロ後、久しぶりに訪れたニューヨークの世界貿易センタービル(ツインタワー)跡地は心を打つメモリアル施設として整備されていた。だがその記念碑や隣に建設されたかつてのツインタワーを上回る高さの超高層ビルを見るにつけ、米国自身が持つ内在的矛盾も感じる。

かつて見た無残な「グラウンド・ゼロ」

 2017年10月。マンハッタン・ハドソン川沿いの「ハイライン」を北から南に歩いた筆者は、地下鉄で世界貿易センター駅まで南下した。

 その真横にあった110階建てのツインタワーは、2001年9月11日、ハイジャックされた2機の旅客機…

この記事は有料記事です。

残り2722文字(全文3001文字)

藻谷浩介

地域エコノミスト

1964年山口県生まれ。平成大合併前の約3200市町村のすべて、海外105カ国を私費で訪問し、地域特性を多面的に把握する。2000年ごろから地域振興や人口問題に関して精力的に研究、執筆、講演を行う。著書に「デフレの正体」「里山資本主義」ほか多数。国内の鉄道(鉄軌道)全線を完乗した鉄道マニアでもある。