ニッポン金融ウラの裏

「預金は悪者?」マイナス金利下の銀行員の指針とは

浪川攻・金融ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
黒田東彦・日銀総裁=2017年12月21日、竹内紀臣撮影
黒田東彦・日銀総裁=2017年12月21日、竹内紀臣撮影

 日銀によるマイナス金利政策が長期化し、預金金利は低水準に張り付いている。1年定期預金をみると、ほとんどの銀行が税引き前で0.01%という金利設定だ。100万円預けても利息は100円。税引き後を考えるまでもなく、実質的には利息収入はないに等しい。庶民にとって、利息面での預金のメリットはほぼ消えうせた。

 それでも、一般的な銀行より、インターネット銀行の方が総じて預金金利が高い。これは、店舗を展開する伝…

この記事は有料記事です。

残り1262文字(全文1463文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。