思いを伝える技術

凡庸な表現を「洗練された文章」に磨き上げるひと工夫

川井龍介・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

 記事やコラムなど文章を書きつづけてきて、ときどき自分が過去に書いたものを見直してみます。すると、同じような言葉遣いや言い回しが繰り返されているのに気づき、しまったと思うことがあります。欲目に見れば、これが自分の文体ともいえるのかもしれませんが「ワンパターンで代わり映えしないな」と、反省することがあります。

 例えば、同じ記事の中で「○○だったのは、○○のころである」という表現を2度してしまったことがありま…

この記事は有料記事です。

残り1649文字(全文1853文字)

川井龍介

ジャーナリスト

1980年慶応大学法学部卒。新聞記者などを経てフリーのジャーナリスト、ノンフィクションライター。実用的な文章技術を説いた「伝えるための教科書」(岩波ジュニア新書)をはじめ「大和コロニー~フロリダに『日本』を残した男たち」(旬報社)、「フリーランスで生きるということ」(ちくまプリマ―新書)を2015年に出版。このほか「ノーノー・ボーイ」(ジョン・オカダ著、旬報社)の翻訳をてがける。