加藤清正が居城とした熊本城=2016年12月2日、野呂賢治撮影
加藤清正が居城とした熊本城=2016年12月2日、野呂賢治撮影

社会・カルチャー戦国武将の危機管理

「火縄を常に準備」加藤清正が示した“大将の心がけ”

小和田哲男 / 静岡大学名誉教授

 加藤清正といえば、賤ヶ岳七本槍(やり)の一人にカウントされているし、文禄・慶長の役のときの虎退治の話がよく知られ、豪傑といったイメージがある。

 実際、清正は質実剛健をモットーとしており、出された年月日は不明ながら、「清正記」所収の七カ条の家訓の第一条には、「奉公の道油断すべからず。朝辰の刻起き候て、兵法をつかひ、食をくひ、弓を射、鉄炮(てっぽう)を打ち、馬を乗るべく候。武士の嗜能(たしなみよき)ものには、別して加増を遣わすべき事」とある。

この記事は有料記事です。

残り1058文字(全文1280文字)

小和田哲男

小和田哲男

静岡大学名誉教授

戦国大名・今川氏のお膝元で、徳川家康の隠居先でもあった静岡市で1944年に生まれる。72年、早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。専門は日本中世史。戦国時代史研究の第一人者として知られ、歴史番組でおなじみの顔。趣味は「城めぐり」で、公益財団法人「日本城郭協会」の理事長も務める。主な著書に「戦国の群像」(2009年、学研新書)、「黒田官兵衛 智謀の戦国軍師」(13年、平凡社新書)。公式サイト https://office-owada.com