ビットコイン狂騒曲

仮想通貨がハッカーに狙われる“一瞬のリスク”とは

平野純一・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
東京都渋谷区のコインチェックが入るビル
東京都渋谷区のコインチェックが入るビル

 仮想通貨取引所大手の「コインチェック」(東京都渋谷区)から1月26日、26万人分、580億円相当の仮想通貨NEM(ネム)が不正アクセスによって流出した。海外からのハッキングによるものとみられている。

 このニュースは世界を駆け巡り、代表的な仮想通貨ビットコインも1月25日の1万1259ドル(約122万7000円)から同31日には一時1万ドルを割って9777ドルをつける場面もあり13%程度下落した。仮想通貨の信頼を揺るがしかねない事態に発展している。

 コインチェックがハッキングを許した背景に、セキュリティーの甘さが指摘されている。

 顧客の仮想通貨を保管する際、ハッキングなどから守るためにインターネットから遮断した状態で保管することを「コールドウォレット」といい、逆にインターネットにつながった状態のことを「ホットウォレット」という。今回盗まれたコインチェックのNEMはネットにつながったままの「ホットウォレット」にあったことが大きな原因と言われている。

この記事は有料記事です。

残り1287文字(全文1716文字)

平野純一

経済プレミア編集部

1962年生まれ。87年毎日新聞社入社。盛岡支局、サンデー毎日編集部、経済部、エコノミスト編集部などを経て2016年から現職。金融、為替、証券、マクロ経済などを中心に取材。