ニッポン金融ウラの裏

クレジット会社の利益を食い潰す「巨大なカネ食い虫」

浪川攻・金融ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

 金融分野で、高い将来性が言われてきたのがクレジットカードビジネスである。現金社会からカード社会への移行が進むとの見通しのもと、明るい未来が語られてきた。だが、実際には、クレジットカード会社には「基幹系システム」の構築という巨大なカネ食い虫が生息し、足もとを危うくしている。

 クレジットカード業界は、オリエントコーポレーション、三菱UFJニコス、三井住友カードといったメガバンク傘下の会社や、JCB、クレディセゾンといった大手が競争してきた。

 そのクレジットカード会社のビジネスは、銀行と同様、巨大な装置産業化している。業務の運営をつかさどる…

この記事は有料記事です。

残り1149文字(全文1420文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。