切ない歌を探して

ザ・イエロー・モンキー「JAM」若さゆえの身もだえ

森村潘・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
東京国際映画祭のレッドカーペットに登場したザ・イエロー・モンキーのメンバー=2017年10月25日、根岸基弘撮影
東京国際映画祭のレッドカーペットに登場したザ・イエロー・モンキーのメンバー=2017年10月25日、根岸基弘撮影

 自己否定の暗闇から理想を見いだそうとした作家・高橋和巳(1931~71年)が、青春についてこんなことを書いていた。

 「青年期にも打算はあり、裏切りはあり、屈服はある。だが、彼らは打算や裏切りや屈服を、当然のことだとは少なくとも考えない。その一点によってのみ、すべての未熟さは償われる」(「自立と挫折の青春像-わが青年論」1966年)

 一昨年再結成して話題を呼んだロックグループ、ザ・イエロー・モンキーの「JAM」(96年)という歌を…

この記事は有料記事です。

残り1485文字(全文1702文字)

森村潘

ジャーナリスト

大手新聞、雑誌編集などを経てコミュニティー紙の編集などに携わる。ジャンルを超えて音楽を研究、アメリカ文化にも詳しい。