青春小説の系譜

女性の怖さを描いた芥川賞候補作の“不気味な読後感”

鶴谷真・毎日新聞学芸部記者
  • 文字
  • 印刷

 テーマは世代の断絶、あるいは女性の怖さ、そういったものだろうか。木村紅美(くみ)さんの「雪子さんの足音」(講談社)である。1月に選考会があった第158回芥川賞の候補作となり、受賞は逃したものの実に完成度が高い。表面的にはハートウオーミングなのだが、読み続けるうちに不気味な領域にはまり込んでいく感じがたまらない。

 主人公は薫という男性。現在は故郷の仙台で公務員となっている。大学生だった20年前に東京・高円寺の家賃5万円のアパート「月光荘」に住んだ。この大家である雪子さんが90歳で熱中症のために孤独死したとの新聞記事を読むくだりで物語の幕が開く。薫は東京への出張ついでに、月光荘を再訪する。小説内の時間は20年前の薫の青春時代、大学3年生だった1994年ごろに移る。当時、雪子さんは70歳くらいだった。

この記事は有料記事です。

残り1780文字(全文2133文字)

鶴谷真

毎日新聞学芸部記者

1974年、神戸市出身。2002年毎日新聞社に入社し、岡山支局、京都支局を経て08年に大阪本社学芸部。13年秋から東京本社学芸部。文学を担当している。