メディア万華鏡

「料理家やモデルも2世ブーム」社会格差は拡大するか

山田道子・元サンデー毎日編集長
  • 文字
  • 印刷
月刊・料理王国2月号の表紙
月刊・料理王国2月号の表紙

 食の専門誌、月刊・料理王国2月号の表紙を見て「へ~」と思った。「『食』の継承者たち」という見出し。それに、予約の取れないことで知られるレストラン「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」の落合務・剛さん親子、テレビ番組「料理の鉄人」で有名となった「ラ・ロシェル」シェフの坂井宏行さんと慎吾さん親子の4人の写真が表紙にドンと載っている。少々セレブのような感じの扱い。

 坂井さん親子の場合、料理人の父を息子の慎吾さんがサカイ食品社長として経営面で支えている。落合剛さんは「ダ・オチアイ」の取締役総支配人としてホールに立っているという。記事で、坂井慎吾さんは「(父は)何があってもポジティブで、元気さと明るさだけは失わない」、落合剛さんは「尊敬する父が開く店に迷わず入りたいと思いました」と語っている。

この記事は有料記事です。

残り1500文字(全文1843文字)

山田道子

元サンデー毎日編集長

1961年東京都生まれ。85年毎日新聞社入社。社会部、政治部、川崎支局長などを経て、2008年に総合週刊誌では日本で最も歴史のあるサンデー毎日の編集長に就任。総合週刊誌では初の女性編集長を3年半務めた。その後、夕刊編集部長、世論調査室長、紙面審査委員。19年9月退社。