知ってトクするモバイルライフ

格安スマホ戦国時代 LINEソフトバンク入りの勝算

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
ソフトバンクがLINEモバイルと戦略的提携を行い株式の51%を保有
ソフトバンクがLINEモバイルと戦略的提携を行い株式の51%を保有

 LINEの傘下で格安スマホを運営するLINEモバイルが、ソフトバンクと戦略的な資本提携を結ぶことに合意した。LINEモバイルが第三者割当増資を行い、ソフトバンクが引き受ける。増資後は発行株式の51%をソフトバンクが持ち、LINEモバイルはソフトバンクの子会社になる。

 子会社化は3月中に行われる予定で、社長はLINEモバイルを立ち上げた嘉戸彩乃氏が続投する。ソフトバンクからは、LINEモバイル側に取締役を派遣する予定だ。

この記事は有料記事です。

残り1537文字(全文1749文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。