くらし保険選びの相談室

「2人に1人ががんに」33歳女性のリスクと保険対策

岩城みずほ / ファイナンシャルプランナー

 最近、若い女性から「がん保険に入った方がいいか」という相談をよく受けます。昨年、タレントの小林麻央さんが若くしてがんで亡くなったことで、がんは人ごとではないと考える女性が増えているそうです。保険会社の人からは、女性特有のがんに備える保険契約が増加したと聞きました。

 また、検診を受ける女性も増えているようです。実際、私も昨年、健康診断の予約がなかなか取れませんでした。病気を心配する気持ちは誰にもあるのが当然です。ただ心配だからといって保険に入ればいいというものでもありません。

 今回は、先日私のところに相談に来た会社員のH絵さん(33)の事例から、がん保険の必要性について考え…

この記事は有料記事です。

残り1522文字(全文1812文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
岩城みずほ

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスベネフィット代表。NHK松山放送局を経て、フリーアナウンサーとして14年活動。その後セミナー講師、生命保険会社を経て2009年に独立。個人相談のほか、貯めると増やすの車座の会「C(貯蓄)リーグ」、良質なマネーの勉強会「サムライズ」主催。著書に「人生にお金はいくら必要か」(山崎元氏と共著・東洋経済新報社)などがある。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ダーウィン市街北西部のマリーナに沈む壮絶な夕日(写真は筆者撮影)

豪ダーウィン 人口爆発アジアに近いのを生かせない町

 ◇豪ダーウィン編 広大なオーストラリアの中でも最も人口希薄な北部準州(ノーザンテリトリー)。州都ダーウィンは、世界4位の人口大国…

世界透視術

北朝鮮に改革開放の兆し? 指導は中国! カネは日本!

 今年10月、安倍晋三首相が中国を訪問し、習近平国家主席と日中首脳会談を検討しているという情報が首相官邸筋から流れている。こういう…

職場のトラブルどう防ぐ?

パート看護師「社会保険への加入」で院長が悩んだ理由

 A雄さん(53)は、職員数20人ほどのクリニックの院長です。職員には、フルタイムの看護師のほか、短時間勤務(パート)の看護師が数…

知ってトクするモバイルライフ

「LINEモバイル」ソフバン傘下で挽回図るサービス

 LINEの格安スマホ事業として注目を集めていたLINEモバイルが、ソフトバンク回線を使ったサービスを始めた。元々LINEモバイル…

メディア万華鏡
映画「万引き家族」の舞台あいさつをする是枝裕和監督(右)=2018年6月3日、玉城達郎撮影

「万引き家族」是枝監督の祝意辞退と権力との距離

 第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールに輝いた是枝裕和監督の「万引き家族」。題名通り万引きで生活する一家を描き、家族、正…