くらしシニア市場の正体

シニアのギフト事情「歳暮を小分けし近所で行き来」

梅津順江 / 株式会社ハルメク 生きかた上手研究所所長

 中元や歳暮などのフォーマルなギフトの市場は縮小傾向です。矢野経済研究所が2017年10月末に発表した「ギフト市場に関する調査」によると、16年のフォーマルギフトの市場規模は1兆7886億円で、前年比98.4%でした。一方で、国内ギフト全体の市場規模は10兆2070億円で、前年比102.5%とプラス成長です。気軽に贈る“カジュアルなギフト”の市場は伸びています。

 女性向け情報誌「ハルメク」では通信販売も展開し、ギフト商品もそろえています。人気商品の一つに、国産…

この記事は有料記事です。

残り1780文字(全文2012文字)

梅津順江

梅津順江

株式会社ハルメク 生きかた上手研究所所長

大阪府生まれ。杏林大学社会心理学部卒業後、ジュジュ化粧品(現・小林製薬)入社。ジャパン・マーケティング・エージェンシーを経て、2016年3月から現職。主に50歳以上のシニア女性を対象にインタビューや取材、ワークショップを行っている。著書に、「この1冊ですべてわかる 心理マーケティングの基本」(日本実業出版社)などがある。