社会・カルチャー戦国武将の危機管理

暴君を諫めるため踊り子を招いた家臣の“窮余の一策”

小和田哲男 / 静岡大学名誉教授

 豊後の戦国大名大友宗麟の重臣で、軍師ともいわれる立花道雪は、もとの名を戸次鑑連(べっき・あきつら)といった。「鑑」の字は、元服したときの大友家の当主が宗麟の父大友義鑑で、その一字を与えられたからである。のち、立花城の城主だった立花家の名跡をつぎ、出家して道雪と号している。

 道雪が仕えた宗麟はキリシタン大名として有名で、伊東マンショを中心に少年らを天正遣欧使節という形でローマに派遣しており、また、豊後府内(大分市)に病院を建てたり、孤児院を造ったりして、戦国大名の中では名君に数えられている。

この記事は有料記事です。

残り1037文字(全文1285文字)

小和田哲男

小和田哲男

静岡大学名誉教授

戦国大名・今川氏のお膝元で、徳川家康の隠居先でもあった静岡市で1944年に生まれる。72年、早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。専門は日本中世史。戦国時代史研究の第一人者として知られ、歴史番組でおなじみの顔。趣味は「城めぐり」で、公益財団法人「日本城郭協会」の理事長も務める。主な著書に「戦国の群像」(2009年、学研新書)、「黒田官兵衛 智謀の戦国軍師」(13年、平凡社新書)。公式サイト https://office-owada.com