メディア万華鏡

「眞子さま結婚延期」猛進する週刊誌と新聞の“沈黙”

山田道子・毎日新聞紙面審査委員
  • 文字
  • 印刷
婚約内定の記者会見を終えられた眞子さまと小室圭さん=東京・赤坂東邸で2017年9月3日(代表撮影)
婚約内定の記者会見を終えられた眞子さまと小室圭さん=東京・赤坂東邸で2017年9月3日(代表撮影)

 眞子さまと小室圭さんの結婚延期。そのワケについては週刊誌の独壇場だ。直近の2月22日発売の週刊新潮は「宮内庁を決意させた『小室家の新興宗教』」という続報。その余波で、グラビアページには天皇陛下の長女、黒田清子さんの夫、慶樹さんが一人で食事をしている写真まで載っている。

 結婚延期を宮内庁が発表したのは2月6日。翌週15日発売の週刊文春、週刊新潮はもちろんトップで取りあげた。

この記事は有料記事です。

残り1739文字(全文1927文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

山田道子

毎日新聞紙面審査委員

1961年東京都生まれ。85年毎日新聞入社。浦和支局(現さいたま支局)を経て社会部、政治部、川崎支局長など。2008年に総合週刊誌では日本で一番歴史のあるサンデー毎日の編集長に就任。総合週刊誌では初の女性編集長を3年半務めた。その後、夕刊編集部長、世論調査室長を経て15年5月から現職。