山手線の新駅建設など再開発工事が進む品川駅北側の車両基地跡地=2017年12月9日、宮本明登撮影
山手線の新駅建設など再開発工事が進む品川駅北側の車両基地跡地=2017年12月9日、宮本明登撮影

くらしマンション・住宅最前線

数字にハッキリと表れたマンション価格上昇の裏事情

櫻井幸雄 / 住宅ジャーナリスト

 不動産経済研究所が発表した2017年の新築マンション価格は、全国平均で1戸当たり4739万円となり前年比で3.9%の上昇、過去最高を更新した--。このニュースは、マンション価格が上昇していることを裏付けるものとして、注目を集めた。

 これは、私にとっても驚きのデータだった。といっても、マンション価格が上昇し続けていることに驚いたわけではない。15年から始まったマンション価格の上昇は当分続くと読み、当コラムでもたびたび取り上げてきたからだ。

 たとえば、当欄に書いた記事としては、「高級マンション高額化は超都心から23区全体へ」(16年12月…

この記事は有料記事です。

残り2346文字(全文2617文字)

櫻井幸雄

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。