日産、神戸製鋼は何を間違えたのか

不正発覚で「会社が破綻」と考えた三菱電線社長の悲哀

今沢真・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
三菱マテリアルの記者会見。手前は竹内章社長=2017年12月28日、丸山博撮影
三菱マテリアルの記者会見。手前は竹内章社長=2017年12月28日、丸山博撮影

企業不正・同時多発の裏側(5)

 12月28日に公表された三菱電線工業の品質検査データ不正の「中間調査報告」には、不正の概要を知った社長が「会社が破綻する」と思ったという衝撃の事実が書かれていた。この社長は不正公表後に辞任している。不正発覚の経緯から、親会社への報告までの経緯をたどってみよう。

親会社指示で行った監査で不正が判明

 三菱電線の箕島製作所(和歌山県有田市)で手広く行われていた品質検査データの改ざんが社内監査にひっかかったのは、16年12月のことだった。その時期に親会社、三菱マテリアルの指示で三菱電線の監査室が品質監査を行った。

 その監査で、「パッキン」と呼ばれるゴム素材のシール製品で、寸法の規格値を逸脱した製品が顧客の承認を…

この記事は有料記事です。

残り1683文字(全文2003文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

今沢真

経済プレミア編集部

1959年東京都生まれ。早稲田大法卒。83年毎日新聞社に入社。静岡支局、東京本社整理本部を経て89年経済部。税・財政や金融政策を担当、銀行、メーカー、流通業を取材する。2013年から論説委員として毎日新聞の社説を執筆。15年6月から経済プレミア創刊編集長、19年6月から同編集部。16年「東芝 不正会計 底なしの闇」(毎日新聞出版)を出版。城西大非常勤講師のほか、日大経済学部などで教壇に立つ。