三菱マテリアルの記者会見。左が三菱伸銅の堀和雅社長=2017年12月28日、丸山博撮影
三菱マテリアルの記者会見。左が三菱伸銅の堀和雅社長=2017年12月28日、丸山博撮影

政治・経済日産、神戸製鋼は何を間違えたのか

三菱伸銅で行われた「丸目処理」と取締役3人の辞任

今沢真 / 毎日新聞経済プレミア編集長兼論説委員

企業不正・同時多発の裏側(6)

 三菱マテリアルの子会社の三菱伸銅(本社・東京都千代田区)の不正に関する最終報告書は昨年12月28日に発表された。その内容を報告する。

 不正が行われていたのは若松製作所(福島県会津若松市)だった。不正は主に「黄銅品」と呼ばれる真ちゅう製の製品で行われた。いずれも三菱伸銅の独自開発製品ではなく、競合他社でも製造することが可能な商品だ。

この記事は有料記事です。

残り1531文字(全文1713文字)

今沢真

今沢真

毎日新聞経済プレミア編集長兼論説委員

1959年東京都生まれ。早稲田大法卒。83年毎日新聞社に入社。静岡支局、東京本社整理本部を経て89年経済部。税・財政や金融政策を担当、銀行、メーカー、流通業を取材する。2013年から論説委員として毎日新聞の社説を執筆。15年6月から現職。16年「東芝 不正会計 底なしの闇」(毎日新聞出版)を出版。城西大非常勤講師のほか、日大経済学部などで教壇に立つ。