自動車不正リポート

「燃費に加え排ガスも!?」スバル改ざん問題の深刻度

編集部
  • 文字
  • 印刷
無資格検査問題で記者会見するスバルの吉永泰之社長(奥)=2017年10月27日、渡部直樹撮影
無資格検査問題で記者会見するスバルの吉永泰之社長(奥)=2017年10月27日、渡部直樹撮影

 自動車大手、SUBARU(スバル)の検査不正問題が拡大する雲行きだ。同社の吉永泰之社長は3月2日、社長交代を発表する記者会見で、新車の出荷前の完成検査工程で、「燃費、排ガスのデータ書き換えが行われていた」ことを明らかにした。昨年12月に同社の燃費データ改ざん疑惑が発覚していたが、「排ガスのデータ改ざん」は初めて明らかになった。

 排ガス測定値の改ざんは道路運送車両法に抵触し、法令違反になる可能性があり、問題はより深刻になってく…

この記事は有料記事です。

残り1412文字(全文1627文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz