経済プレミア・トピックス

積水ハウスが“地面師”に55億円だまし取られた事情

編集部
  • 文字
  • 印刷
積水ハウスがマンション用地として購入に動いた東京・西五反田の廃業旅館
積水ハウスがマンション用地として購入に動いた東京・西五反田の廃業旅館

積水ハウスがだまされた“地面師詐欺”(1)

 積水ハウスは、売上高約2兆円を誇る大手住宅メーカーだ。その大企業が、“地面師”と呼ばれる詐欺グループにだまされ、55億円をだまし取られたという。そして、事件をきっかけに当時の会長と社長が責任をなすりつけ合い、1月に開いた取締役会で互いの「解職動議」が出て、最終的に会長が辞任する事態が勃発した。いったい何が起きたのか。

 積水ハウスは3月6日、「分譲マンション用地の取引事故に関する経緯概要等のご報告」「当社取締役会の議…

この記事は有料記事です。

残り2045文字(全文2276文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz